TOEIC高得点のためにまったり勉強中、単語を勉強してなかったせいかえらいこっちゃ笑 ゆとりでもいろいろできるぞ!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 こんばんは! いきなりですが皆さんはマズローの欲求階級説って聞いたことありますか? 私は日本の授業の時にやりましたね。しかも3クラスで出ました。 たしか心理学と教育心理学、コミュニケーション心理だったかな? 
そう全部に心理がつくように、この欲求階級説は心理学で習うと思います。 
 それで、なぜ今日そんな話になったかというと、私がアメリカの大学でとっている授業のマネジメントっていう授業があるのですが、そこで出てきました。 英語ではMaslow's hierarchy of needsと言います。 
ここでボキャブラリーのチェックです。
hierarchy は 階級という意味があります。

まぁ概要はこんな感じですね
 下から
 生理的欲求(Physiological needs)
 安全の欲求(Safety needs)
 社会的欲求(Social needs, Love and belonging)
 尊厳の欲求(Esteem)
 自己実現の欲求(Self-actualization)

なかなか難しい単語ありますね。 Esteemなんて知りませんでした笑

まぁマネジメントの授業でなぜこれが出てきたかというと、社員のモチベーションの向上にはいろいろ方法があるのですが、まずマズローの五段階級説を理解しようということなんですね。
ここで一つ気になったのが、社会的欲求。
この階級説はどんどんと満たされていくうちに次のステップに行くのですが、生理的欲求(物をたべたり)や安全(安全に生活する)は日本にいる限りほとんど満たされますよね。 ここで問題なのが、社会的欲求(人とのつながりなど)。
ここで躓いて、先に進めずにいる人が今の日本には多いのではないかなとわれながら思ってしまいました。もしこれを満たして、先のステップに行ったら英語だけでなく人生の成功が見えてくるような気が授業を受けて分かりました。 
因みに自己実現を欲求を満たすことはできません。なぜなら、また新しいものが生まれるからですよ。

私は高校歴史やってないので詳しくないですが、腹も減れば戦はできぬは聞いたことがあります。
生理的欲求が満たされないとモチベーションなんて上がるはずないんですよー ご飯食うぞ今から笑


今日はすこし真面目な話になってしまいましたね笑
ではまた今度





ランキングに参加中です↓↓ 読み終わったらクリックして頂けると嬉しいです
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

TOEIC ブログランキングへ


追記を閉じる▲

【2014/09/16 23:50】 | 勉強記録
トラックバック(0) |
 こんにちは、最近宿題が忙しくなってまいりました・・・ 本を10ページ読んで答えるプリントや、ショートエッセイ、プレゼン等死んじゃいそうなくらい大変です。笑 
 忙しい合間を縫って公式問題集を解きまくっているのですが・・・ 答えを覚えてきちゃいました。
 昨日やって気づいたのですが、答え覚えてきて練習の意味無いなーと思っていたら、そうか答えを覚えたというより理解してきたのかその場面をイメージしやすくなったかなと思います。 その結果、前回お伝えした、別の参考書の模試テスト370点を取れたのかもしれません。 いつも同じものやったってしょうがないと思ってましたが、意外と効果ありみたいです。

 あー宿題やらないとーーー 大学生は大変です。



ランキングに参加中です↓↓ 読み終わったらクリックして頂けると嬉しいです
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

TOEIC ブログランキングへ


追記を閉じる▲

【2014/09/13 18:24】 | 勉強記録
トラックバック(0) |
 皆さんごめんさい。本当は昨日更新予定だったのですが、少し忙しすぎて更新ができませんでした。 さていよいよマンハッタン上陸となったわけですが、そこではいろいろな出会いと、ビックスター?との触れ合いがありました。 マンハッタン上陸の旅をどうぞお楽しみください。
 ニューヨークといえばやはりマンハッタン。Times sqやエンパイアビル等アメリカを象徴とする建物です。 そういえば、さっきからマンハッタン上陸と書きましたがなぜ上陸かというと、マンハッタンって島なんですよ。
DSC_0545_convert_20140908050400.jpg

 マンハッタン近くからの空からの画像です
DSC_0947_convert_20140908043552.jpg

 マンハッタンに上陸して初めて行った場所はこのカフェ
 Little Collins Cafe  667 Lexington Ave  
 このカフェ面白くて日本製品の落とし器を使っていました。 日本人の私からすると、少しやすっちい(Cheesy)なものでした。 でもコーヒー自体は美味しいですし、 お昼の店内は昼休みのニューヨーカーで混み合ってます。
DSC_0536_convert_20140908043438.jpg


これがバリスタの淹れたカプチーノ?かな この小さなカップで4ドル位+税金とかチップ入れると....
てか税金が結構お高い8.48%かな? あっ日本も4月から税金が上がったんですよね。確か8% まぁ今までが低かったのですが、物価の高い日本で8%って結構痛いですよね
ニューヨークも基本物価が高いです。
あっ因みにアメリカで一番税金が高いところはテネシー州の9.43% 死んじゃうねこの数字は笑
DSC_0527_convert_20140908050303.jpg

 アメリカで一番忙しい街は日本でいう新宿ですね。 散歩をして街並みを見てみたのですが、新宿と渋谷の合体した町ですね。
DSC_0540_convert_20140908043641.jpg

 ニューヨークはこんな感じです。東京みたいでしょ?
DSC_0948_convert_20140908043735.jpg


次回はイチロー、マー君、黒田らが所属する
ヤンキーススタジアムはこちらをお伝えします。

ではまた!!



ランキングに参加中です↓↓ 読み終わったらクリックして頂けると嬉しいです
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

TOEIC ブログランキングへ


追記を閉じる▲

【2014/09/07 21:21】 | 旅記録
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
こんにちは。 アメリカで生活し始めて8ヵ月目になりました。 宿題をやるのを部屋でやってもしょうがないので、というか私が部屋や家でやるのが嫌いなだけですが・・・ 私は近くのカフェか、キャンパス内のカフェで宿題をやります。 昼は外、夜はキャンパス内ですかね? キャンパス内のカフェは夜1時までOPENしているという強者です。
ところで皆さんはLondon Fogって聞いたことありますか?
 London Fogとは簡単に言えばミルクティーなのですが、日本ではあまり見かけないですよね? この紅茶の発祥はイギリスロンドンではなく、カナダと言われています。確かにカナダってカフェのイメージがありますよね? バリスタ???

 まぁ作り方を聞いてみました。
 紅茶(アールグレイ)を濃い目に入れて、バニラシロップを入れます。 そこにスチームした牛乳を入れるだけ!簡単でしょ?
いやいやそんなこと言われても、家にスチームするのなんてないよ・・・

 そこで私は考えに考えた末の結論→牛乳を温めて泡だて器にかければできるのではないか? できました----
でも一つだけ言える事。 めんどくさい((+_+)) でも日本で見ないからなLondon Fog・・・ これは日本のカフェに売り込むしかない!! 皆さん試しに飲んでみてください。 アールグレイという時点で好き嫌いがありますが新しい発見です。

 因みにバニラシロップは見つけられました。私の大好きな楽天からです


 すこし高いのもありました
ダヴィンチ バニラ シロップ 750ML

ダヴィンチ バニラ シロップ 750ML
価格:1,235円(税込、送料別)




お試しあれー



ランキングに参加中です↓↓ 読み終わったらクリックして頂けると嬉しいです
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

TOEIC ブログランキングへ


追記を閉じる▲

【2014/09/03 21:41】 | American Life
トラックバック(0) |
 こんにちは。 今日は結構ハードな一日でした。9時40分から授業が始まり、昼食をはさんで午後も2つクラスがあってのそのあとはミーティング 毎日忙しいんですけどね・・・笑 明日なんてお昼食べれないですし
でも昨日はLaybor dayという休日でつかの間の休息と思いきや宿題が― lol



 私のとっているクラスのひとつにJusticeというクラスがあります。 日本語に訳すと「正義」です
アメリカは黒人奴隷というくらい過去があります。 なので何が正しいことなのか、平等とは何かを強く考えています。 アメリカの文化を語る上でそういう歴史を勉強しなければいけないんですね・・・ 
 
 でももともと歴史の嫌いな私にとってこの授業は少しお辛いです。さらに授業で読んでいる "To Kill A Mocking Bird"という本はとても分厚くて鬼辛いやつなんです。 でもこの本はアメリカ人なら誰でも知っているし、中学高校で1回は必ず読んでるそうなのです。 日本にいる友達も知ってました。まぁ頭がよろしいとこ行ってたからやったのかもしれませんが。日本で言うと相田みつを詩集的な感じでしょうか?
 
 アメリカにきてこんな分厚い本を読んだことは無いですし、もちろん日本でもありません。 もともと日本語の本もろくに読まないのに・・・ ネタバレはしたくないので内容は書きませんが、読みながら少し考えさせられます。 英語力より、読解力や知識を屈して読まないと、わけわからんものになってしまいますよね・・・

 でもアメリカ人のほとんどが知ってる本ですので、みなさんも読んでみたらどうですか? 私もこれから2か月この本と格闘します。笑 

DSC_0005.jpg

この厚さね笑
DSC_0006.jpg

一応リンク貼っておきますね!!私の大好きな楽天ブック
因みに日本語だとアラバマ物語だとか
 



しっかり読み切りたいと思います。
ではまた!!
あっ、明日か明後日にNY編を更新します。 楽しみにしていてください





ランキングに参加中です↓↓ 読み終わったらクリックして頂けると嬉しいです
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:学習 - ジャンル:学校・教育

【2014/09/02 21:45】 | 勉強記録
トラックバック(0) |
にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
にほんブログ村
TOEIC ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。