FC2ブログ
TOEIC高得点のためにまったり勉強中、単語を勉強してなかったせいかえらいこっちゃ笑 ゆとりでもいろいろできるぞ!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EssayとStoryの提出日(勿論英語ですよ笑)が今日迄でってか金曜日に出されて月曜提出ってアメリカの大学はなかなか鬼畜なことをするもんです笑
そんなわけでとりあえずTOEICの勉強は全くできませんでした。 かといって次回のテストまでに費やせる時間は明日のみ。
ということで、今回はlisteningに特化しようと思います。 何をするか、それは問題集のリスニングをとりあえず1.5 or 2倍速にしてひたすら聞くことです。Part1はやりませんPart2,3,4だけやります。これやるだけで本番の聞こえが違います。逆に遅く感じるくらいです。 私は中学時に英検を受けた事がありますが、その時にリスニングを倍速にしてた方法を採用しています。
とりあえず今回は時間がないので、いかに問題形式に慣れるかをチャレンジ、集中力アップ。 TOEICは統計学に基づいて採点してるから英語力が変わらなければ何度受けても同じといいますよね、私はそうは思いません。←自信があります。
確かに700点、800点クラスになると知っている単語数、イディオムや決まり文句の数によって点数は停滞すると思います。私は600点までは慣れによって点数が上がるのではないかと考えています。 慣れないうちは問題を捨てるということをできないでしょう。しかし、慣れてくると確実に取れる問題、難しい問題を区別できるようになります。 100問全て理解しようとすることじたい難しいです。集中力が切れてしまう。私は飽き症なので半分くらいで集中力が切れてしまいます。その結果として、取れる問題も落としてしまうのです。 TOEICが統計学を利用しているなら逆に利用してやれば良いんです。 大学は文系ですが、高校までは理系組でした。 そこで理系っぽく・・・
ちょっと考えてみたのですが素点100点=495点は当たり前ですが、統計学に基づくなら素点98=495点もありうるのではないかと思いました。調べたところ数問ミスでも990点取ってる方がいました。 統計学は学んだことないのでよく分からないですが、間違えても良いという事は満点を取った天才の方々に証明されました。 理系ぽいところはここだけですが・・・笑
捨てた問題(たいてい配点率の高い問題)で落としたら点数もかなり落ちますが、そんなこと気にしてもしょうがないです。なぜなら分からないんだから! テスト中は辞書使う事や何回も聞けるわけじゃないです。 なのになぜ分からないその問題に集中力を使わなければいけないのでしょうか? ふたを開けてみたら正答率0%かもしれません。 
そういう問題は運に任せましょう! たまたま合ってたら超超超ラッキーだったって事でテスト中は気楽に受けようと思います。
なんか逃げの受験みたいですね笑 私の人生も逃げ道を探しながらの人生なので私らしいといえば私らしいですが・・・


ランキングに参加中です↓↓ 読み終わったらクリックして頂けると嬉しいです
にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

【2014/06/02 21:55】 | 勉強記録
トラックバック(0) |

やってみます!
-
1.5倍速でやるという考え参考にさせていただきます

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
やってみます!
1.5倍速でやるという考え参考にさせていただきます
2014/06/03(Tue) 19:12 | URL  |  #pkqDe3U6[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
にほんブログ村
TOEIC ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。