TOEIC高得点のためにまったり勉強中、単語を勉強してなかったせいかえらいこっちゃ笑 ゆとりでもいろいろできるぞ!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おはようございます。 先日アメリカでは電子レンジでカップヌードルを作るということを書きましたが。他にも面白いのがあるので今日は紹介したいと思います。
今日食べたのはこちらの商品
Compleats Cheesy Laviloli
DSC_0010.jpg

ぱっと裏面を見て作り方を見るとレンジに入れて60秒
早っ///
DSC_0011.jpg

レンジに入れる前に少しあけましょうって書いてありました。
この辺はちゃんと中身が爆発しないようにアメリカも注意を促してますね
DSC_0012.jpg

本当にこれだけかと思うくらいの簡単さ
レンジに入れます
DSC_0013.jpg

60秒セットしてスタートボタンを押します。
DSC_0015.jpg

出来上がりがこんな感じ!
DSC_0016.jpg

味の感想・・・
んー 美味しいとは言えないけど、非常食としてはOKかな?
実はこれって冷凍食品では無いのです。 常温保存ですし
ごめんなさい非常食の意味ですが、(小腹がすいた時)という意味で、災害の時などではありません。。。
学生なので夜お腹すいてラーメンなんて感じのアメリカバージョンです笑





ランキングに参加中です↓↓ 読み終わったらクリックして頂けると嬉しいです
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2014/08/30 13:47】 | American Life
トラックバック(0) |
こんにちは、今日は日本にいたときに私が通っていた池袋の英会話教室をご紹介します。
2008年に北池袋で設立されたのですが、ここは一味違う英会話教室です。
 
 何が違うかというと、教室ではないのです。1Lアパートを借りてその中で英語を使うといった形式です。 まるで外人の友達の家に遊びにいって会話しているみたいです。 スタッフは基本2人、オーストラリアから来た男性と日本人の男性(ネイティブではないですが、発音などはアメリカに長く住んでいただけありネイティブと変わらないアメリカ英語を話す人)です。オーストラリア出身の方は私自身オーストラリアにいた事があるせいか、なまりも気にならないですし優しいです。 発音はブリティシュイングリッシュにほぼ近いですね。他にも日本に来ている外国人の方が教室に来て会話の手伝ってくれています。

 システムは英会話を目的にした方は、入って椅子に座り外人さんと日常について会話をします。オーストラリアの先生の時もあれば、手伝いに来ている人の時もあります。もちろん両方の時も! 飲み物が出たり時にはケーキ、アイスなんて時も。本当に遊びに来ている感覚です。 TOEICの点数や、英語初心者の方のために日本人スタッフが基礎を教えて上記のような感じに入る生徒も多いです。実際に私も半年日本人のスタッフに基礎や表現の方法を教えていただき、会話に移った人の一人です。
 
 年齢層は少し高めかな? 20代の方もいますし、30代、40代、50代、中には70代の方も私が日本にいたときはいました。男女比は女性が少し多めかなって感じです。 料金などはホームページに書いてありますが、詳しくは無料体験をしてみてその時に確認するのが良いでしょう。 入会金が1万円弱かかりますが、一回限りですし大手に比べたら料金も激安です。1万円以内で通えますし!大手だと2万、3万と平気でとられますが、こちらはスーパーリーズナブルです。1万以内で収まる感じかな

 教室とかではありませんが、日本で教養のある外国人と会話でき、リーズナブルな英会話教室よろしければ一度無料体験してみてはどうでしょうか? 直リンク貼ります(名前はWiser Cafe) http://wisercafe.jp/index.html
池袋周辺や通える方におすすめの英会話教室です。もしかしたら、12月私とも対面するかもしれませんね笑
以上通っていた英会話スクールのお話でした。 皆様に会える事を心からお待ちしております。←なぜかスタッフみたいになってますが全然違います笑




ランキング参加中です。上位にアップへご協力ください
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村 


追記を閉じる▲

【2014/08/27 23:03】 | English
トラックバック(0) |
 こんにちは、今日はちょっとブログの趣旨を変えて「大学の入学式に親が出るのはNG or Welcome」をテーマにしてみたいと思います。 明日からFall Semesterが始まるのですが、アメリカはこの時期に入学式があります。 それに合わせて親御さんも沢山来ているのですが、数が半端ないです。 
 アメリカの大学だと大学の敷地内にたくさんのドーム(寮)があり、みんなそこに住んでいます。
 私の大学を例にすると、1,2年生は寮、3,4年生の一部は学校近くのアパートや借家または学校が経営しているアパートに住んでいます。 ここ何日かでたくさんのfreshmanが現在私がいる寮に越してきました。 引っ越しの手伝いに親御さんたちが来ているのですが各生徒の家族全員とは言えませんが来ています。 こういう時にMost of parents came to help their son/daughter on campusって使うのですが。 98%ぐらいですね 彼らに入学式に参加するか聞いたところ、ほとんどの人がYES。いや待って入学式まで1週間あるけどって尋ねたら近くのモーテル泊まるから問題ないそう・・・

 では日本ではどうでしょう。引っ越しの手伝いはするものの、入学式まで行っては過保護かもって、子供に嫌われるかもって思いますよね。まぁ寮制度があまり浸透してない日本では親が手伝うところも限られてくるのですが・・・ たしかによく考えると日本の大学生はアパート借りる人が多いですよね。寮もそこまで大きくなくって感じですし。

 本題に戻ります。親が入学式に参加するのは過保護か? 答えはグローバルな観点から言えばNOです。ぜひ子供の入学式に参加してください。ほとんどの大学生は新しい土俵に踏む時、友達もいない生活もどうすれば良いかイマイチと考えています。そういう時に助けになるのが親なのです。 たしかに親が息子、娘の友達を作る事はできません。でも大学での生活という中で自分で授業を取ったり、自立をしないといけないうえで入学式参加は親がやれる数回の助け舟のチャンスなのです。 入学式に参加したら、子供の自立なんかできないと思いのあなたそれは逆です。子供は何をしなきゃいけないのかを自分で考えているのです。 逆に相手にしない親御さんの子供ほど自立ができてないのが現状です。

 という考えがアメリカの親御さんの考え方です。世の中のお母さんぜひ息子、娘さんの入学式に出てあげてください。やりすぎは駄目ですよ笑



ランキングに参加中です↓↓ 読み終わったらクリックして頂けると嬉しいです
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



追記を閉じる▲

【2014/08/25 22:39】 | American Life
トラックバック(0) |
今日は自由の国アメリカと言ったらニューヨーク。 ニューヨークには2週間ほどいました。 実はこの夏にNYCを2回行っているのです。どういうことかというと4日間だけまずNYC滞在して先日お伝えしたボストンに移り、NYCに帰ってきたという感じですね。
 まずは最初の4日間はクイーンズ地区に泊まりました。 もともと予定の無かった滞在なので、急遽日本人宿を手配しようとしましたが秋が見つからず。結局行ったところはクイーンズ地区のアストリアにある日本人専用?ゲストハウスムーンパレス3号店夜荘でした。 
 なぜ日本人専用?とついているかというと、中には韓国から来ている方もいたからです。治安は良好でした。 経営者はDAISUKEさんという日本人まだ若いですよ。 ドミトリーは1泊30ドル。Times sqまで一本の電車があるのにこれは安いと感じ即決でしたね。
 
 でこの4日間はボストンの後にまた来る下見と考えていたので、とりあえずTimes sqに行くことに。Times sqまでは地下鉄で20分位です。 一人でもそんなに怖くなかったですね。
DSC_0523_convert_20140825134829.jpg
ニューヨークでの必需品メトロカード
 7日間乗り放題で30ドル
 30日間だと112ドル 
今回は7日間を購入しました。4日間しかいなかったのですが...一回乗るごとに2.50ドル(始点から終点乗ってもこの値段です)ちょっと損しちゃいました笑 
 このカード日本のスイカやパスモのようにチャージもできるんです。もちろんお店で使えたりはしませんが。バスは使えます。 日本と違うのはスワイプ式ってところですかね 日本語でスキャンです

 豆知識: タクシーを使わずJFK国際空港迄行く方はこのカード取っておいてください。ジャマイカなんとか(名前忘れましたが)からJFKまでは乗り放題期間中でも5ドル位かな?支払わないといけません。その時にカードがあるのと無いのだと1ドル位変わります。無い場合5ドル+αだった気が・・・・ とりあえず捨てないことです。
 
 次回はいよいよマンハッタン上陸です





ランキングに参加中です↓↓ 読み終わったらクリックして頂けると嬉しいです
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


追記を閉じる▲

【2014/08/24 21:04】 | 旅記録
トラックバック(0) |
 こんにちは、昨日のショートエッセイ読んでいただけましたか? エッセイはなかなか書いてると面白いですよ。書いてることが最初と矛盾し始めたりと・・・ 疲れますが書く力はずいぶん伸びたと思います。 ところで、皆さんは日本で注文の時どう言いますか? 大概の方が~くださいだと思います。他が考えられないのですが・・・日本語不足ですね では英語での注文はどうするか?今日は少しそれを紹介したいと思います。
では英語での注文の仕方は1つしかないのか? 答えはNOです。今からいくつか紹介します。
 Can I get(have) ~ please.
 Could I get(have) ~.
 I'll get ~.
 全て~くださいの意味です。

まぁ流れはこんな感じ
 Waiter: What can I get for you?
 Me : Can I get two peace of pizza
 Waiter: Anything else?
 Me : That's it!
余談ですが、メインオーダーを取る前に飲み物を聞かれる事が大半です。
水が欲しかったら Can I get a cup of waterだと思うじゃないですか? ほとんどのお店ではちゃんとお水が出てくると思います。でもこれは友達が経験した話なのですが、かっこよくcup ofを付けたために逆に恥をかいた事があるそうです。 なぜなら出てきたのが白湯だったからです。 英語はこの辺がしっかりしていて、 cup とgrass の区別がしっかりあるそうです。
なので冷たい水を頼みたいときは Can I get a grass of waterが正解なのです。 ですが、 Can I have waterでも水は出てきますし、a cupをつけても冷たいのが出てくることもしばしばです。 英語圏に行ったとき試しに使ってみるのも良いですね



ランキング参加中です。上位にアップへご協力ください
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村 


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:日常英会話 - ジャンル:学校・教育

【2014/08/23 23:03】 | English
トラックバック(0) |
先ほどの続き  一度ページ移動しますが、続きを見るで前のサイトに行けます。
何がいけないか。見にくい この一言に尽きます。文法を抜きにして言っている事はまぁまぁなんです。でも見にくいですよね。なぜなら・・・
エッセイを書くときの例を説明します。 エッセイは基本6paragraph以上からなります。以下¶と略します
 最初の¶はintroduction。ここでは見る側が興味を引く文を書かなければいけません。エッセイの説明となぜこのエッセイが書かれた経緯を書きます。でも~が起きて~があった、だから書くとかではありません。自然な感じに書くのが良いでしょう。
 2つ目の¶は、そう思う理由1
 3つ目の¶は、そう思う理由2
 4つ目の¶は、そう思う理由3
 5つ目の¶は、そう思う理由4

ここでポイントです。小論文でも理由=Bodyは4つ以上必要です。で徐々に説得力を強くしていくのが良いエッセイのきほんです。
さらにあまり一つずつの¶の文量が多くても見づらい原因になります。なので理由4に付け加えたい事があれば新しい¶に書くのが良い方法です。

 6つ目の¶はconclusionまとめです。かっこよくまとめることですね。

これが簡単なエッセイの工程です。
ほかに覚えておくこと。 もちろん口語は使ったらNGです。 しかし、をButと書くことは痛いです。
 例 NG→Good
 But→However So→Therefore And→Moreover こんなかんじです。
 できればBecauseを文頭に使うのもひかえた方が良いです。

 先ほどの文は小論文とはいえ結構ひどいものですね。アメリカに来て書き方を教わったのですが、来てから超書きました論文半年で何回課題があったことか・・・ そのおかげである程度まとまった論文を書けるようになったのも事実ですが。

 私もこれを教わり、何回も書くうちに良い文を書くことが出来てきました。未だに冠詞や文法ミス、時制ミスはありますが・・・ 1年後にはこんな感じになります。 Immigrationがお題でした。 日本語を英語に訳して書いてるわけではなく英語で最初から考えてるので訳はありませんがどうぞ。 まだこれでも自己評価60点くらいです。もちろん文法ミスもあります

Immigration for money

    In the class. We read the “First Crossing”, watched the “Death in the Desert”, interviewed community college’s students and shared the opinions about immigration. A woman who was I interviewed said she was happy to come to America. I have got opinions which are two challenges and two benefits for Immigrant from these activities. I thought benefits are stronger than challenges.

     The first challenge is immigrating is hard. It means immigrating costs too much. Getting ones papers is too expensive and it takes a long time. If immigrants have enough money, they will be able to get their papers. On the contrary, if immigrants don’t have enough money, they will not be able to get their papers. In that case border crossing by undocumented immigrants increases. It is dangerous. Let’s look the Matius’ story example. He tried to cross the border without his papers. He was walking to desert. As a result, he had dehydration and died. I don’t think immigrant should cross the border without the paper because it is illegal and dangerous.

     The next challenge is when people immigrate to US, their life might be hard because they are aliens for American people. American economy is decreasing. Then if immigrants come to US, American people won’t be happy. Some American people think it isn’t fair. Immigrant might be discriminate from some American people. During the class, documented immigrants are protected by law. However law can’t help to people to learn English. Moreover, many immigrants don’t speak English well. I interviewed one woman who immigrated to US. She said that she can speak English but not well. When she was looking for job, she couldn’t do well with the interview. I think language is the hurdle for immigrants.

     There are not only challenges for immigrants. There are more benefits. The first benefit is immigrants can get better job than in their own countries. In Marco’s father’s case, his father worked hard in Mexico, however he couldn’t make a lot of money. As an example of “First crossing”, almost all immigrants didn’t work in good conditions. They couldn’t make money in Mexico. They don’t make enough money for how long they work. Therefore when people immigrate US, immigrants can get job in good conditions.

     The next benefit is immigrant can get new ideas. Immigrating can know new ideas and new cultures. I have heard coming to new country has a lot of challenges but a women I interviewed told me can get new ideas. According to the migration map, immigrants come from a lot of country. Moreover Immigration is good for US. If they share their own culture, these will benefit for company or education.
Money is important to live. I don’t think money is everything. However If you don’t have money, you can’t buy food, clothes or commodities. Migrants work for money and send it to their family. I learned immigration is increase now. It means Immigrants need money and good jobs.

     Finally, I think immigration is benefit. Definitely, there are some challenges for immigrant. Sometimes it is dangerous. However there are a lot of benefits. That’s why they immigrate to America. As a Marco’s father, there are people who work very poor quality. We shouldn’t approve slave. We shouldn’t choose other people’s life. People should choose their life themselves and we should let them immigrate freely.

こんな感じです。この後手直しがあり、3回書き直しがありようやくOKをもらいました。なので自己評価も低めです



ランキング参加中です。上位にアップへご協力ください
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村 


追記を閉じる▲

【2014/08/22 20:31】 | 勉強記録
トラックバック(0) |
 英語で論文を書くことは難しいと思います。ただでさえ、日本語でも書くの難しいのだから・・・今日はエッセイの書き方をちょっくら書いてみます
ではまず私が大学入学したての時の小論文を載せます。題はCulture Shockです。

 We did an activity. A teacher made two groups. One group is A, another group is B. A group spoke as loud as possible and was friendly. I’m A group. Therefore, I expressed friendliness to B groups by lightly touching their hands, arms and shoulders lightly. However, B group did opposite. They didn’t make eye contact. There are a lot of problems. We could not communicate because the B group men escape me. I thought he didn’t want to communicate. After the activity, I told him you want to communicate me. His answer is he want to communicate me however, I don’t want to touch from me. Then, I knew I want to be you want, I want to be you no want.
 In this case, I expressed friendliness however, he didn't want to touch his body. I think I was shocked and he was shocked. I have been to Austria. I was surprised there. I didn’t know a girl who told me “How are you?” I don’t do that to stranger. I’m Japanese. She isn’t Japanese. I felt culture shock. I didn’t confuse because she was so kindness. I know an idiom. When in Rome do as the Romans do. This things is very important. I think, if I go to other country I have to respect their culture. However, I’m not afraid of failure when I talk other cultures people. It’s mean I can tell their opinions. If they feel bad, I say sorry.
 The most important thing is if you stand in front of big wall you never climb or break. You should pat the wall. If you do that, you can communicate them and be happy.This activity was good experience for me. It will be useful if I go to abroad.

まぁ見て分かる通り結構ひどいものです笑 載せるのが恥ずかしかったですもん笑 実際この後勿論professorからの指導があって結構変わったんですが、こっちの方が何がいけないかとか説明するのが楽なのでこっち使ってます。文法のミスだけではないんです。
何がいけないのかは次のブログで説明します。 一度ページ移動しますが、続きを見るで次のサイトに行けます。


追記を閉じる▲

【2014/08/22 20:29】 | 勉強記録
トラックバック(0) |
おはようございます。 夜中ですかねまだ・・・
来週の火曜日からとうとうFall semesterが始まり、アメリカでの集大成を迎えるのですが・・・ 実は火曜日は他にも大切な行事があるのです。
 それは入学式! えっ入学式って4月じゃねと思ったアナタ。 アメリカは8月入学なんです。 満開の桜見て入学~をという文はアメリカで使えません。笑 8月からFall semesterが始まり、冬休みがありSpring semesterという具合です。2学期生なのは変わりませんが、こちら大学生全く勉強してません笑 授業は一人3クラス程度です。 えっどういう事?
実は日本の中高のように1クラス1時間を毎週2、3回あるんです。 日本だと通常1クラス90分ですよね。私の言ってる日本の大学は60分授業もあるのですが・・・ 1年3クラスで卒業できちゃうところがびっくりです。 
 話変わっちゃいますが、私が1年生の時に書いたショートエッセイが見つかったので載せようと思います。(日本でです)今見ると結構恥ずかしいものですが・・・ すこしエッセイの書き方も説明しちゃおうかなそのあと
なので良かったら見に来てください。 題は「Culture」についてです。


ランキング参加中です。上位にアップへご協力ください
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村 


追記を閉じる▲

【2014/08/22 11:03】 | American Life
トラックバック(0) |

【2014/08/22 10:49】 | 未分類
トラックバック(0) |
こんにちは今日はボストン最終編です。
でも実は今日はボストンではなくて、お隣のケンブリッジの情報をお伝えします。
 ではケンブリッジのことについて少し触れますね。 ケンブリッジはボストンと同じマサチューセッツ州の市のひとつで、空港を降りて乗ったタクシーの運転手によると大学が多い事で有名で学生の街だそうです。 私のいるアメリカの大学の生徒にボストンの話をしたら、あそこにいる学生はスーパースマートなんだとか。

 まぁ名高る大学を見てきたので写真と合わせてどうぞ
これはボストンとケンブリッジの境にあるチャールズリバーベイシンです。長さは分かりませんが、10分位かけて渡りました
DSC_0824_convert_20140822114805.jpg
 
大学巡り
 まずはMIT
 MITって何?って思った方この名前を言えばわかると思います。マサチューセッツ工科大学
聞いたことはあると思います。 MITとはMassachusetts Institute of Technologyの頭文字を取った言い方なのです。
 campusマップです
DSC_0830_convert_20140822114845.jpg
 ここでは将来を担う電気機器やそれらに関する事を学んでる人がいるんですね

 続いてアメリカ最初の大学ハーバード大学
 超超超頭がよろしい大学です。
 写真を載せよう!!!!
 って思ったらメモリーに無い・・・どこに消えたハーバード???とってもショックです。 なので残念ながら写真は今載せられませんが、見つけたとき更新しますね

 このときはボストンから歩きで往復で2時間半歩きました。でもそんなに嫌じゃないです気分はピクニック気分でしたね。あっ誤解しちゃうかもしれないので一つ捕捉しますとイギリスにもケンブリッジってあってケンブリッジ大学はイギリスの大学です。

次回はいよいよニューヨーク!!





ランキングに参加中です↓↓ 読み終わったらクリックして頂けると嬉しいです
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


追記を閉じる▲

【2014/08/21 19:16】 | 旅記録
トラックバック(0) |
にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
にほんブログ村
TOEIC ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。